SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

石垣島レモン

「石垣島レモン」のオーチャードの森
春の接木
0
    春、3月、4月が石垣島でもっとも過ごしやすい季節です。
    ガーデニングもあまり汗をかかず、作業がはかどります。
    肥料を入れたり、雑草を取ったり、様々な農作業があります。

    その中でも、はまっているのが、接木です。
    接木の技術も、切れる刃物を購入し、一段と確率が良くなりました。

    接木


    こちらは、細いピタンガの接木。直径は1cmくらいでしょうか!!
    この細い幹に切接ぎをするのですから、技術的には、かなり難しい部類に入ります。
    接木をして、穂木から芽が出てくる時は感動します。


    接木

    こちらは、ホワイトサポテの接木。
    花粉のない「スマザーズ」というイエローサポテは、接木して2週間もすれば、芽が出てきますが、受粉木の「モルツビー」のほうは、なかなか芽が出てこないので、心配になります。

    芽が出てからは、葉がしっかりするまで日陰で、乾燥気味に育てます。
    あまり早く、地植えすると、せっかく出た芽が枯れてしまいます。あせってはだめです。

    形成層がしっかりと合えば、強い幹となって、接木テープはいらなくなりますが、秋くらいまでは、そのままにしておいたほうが無難です。
    一方、パラフィルムの方は、そのままにしておいても大丈夫ですが、パラフィルムそのものが、発育を阻害しているような場合には、慎重に取り除きます。芽が小さいうちに取り除くと、芽もだめにしますから、ある程度芽が成長してからです。


    接木

    これは、アボカドの接木。
    昨年接木に失敗した苗に再度挑戦しました。1度失敗してもやり直せますが、何回も失敗すると台木に力がなくなりますので、台木を休ませ地力を図る必要があります。
    葉がしっかりしてきましたので、もうすぐ地植えです。

    接木

    こちらは、マンゴーの接木、原種のマンゴーを接木した苗です。もうすぐ芽が出ます。

    種を播き、台木を作り、穂木をもらい、苗を作ります。お金はかかりませんが、手間と時間は相当なものです。楽しい果樹栽培です。

    (参考)接木とは
    接木(つぎき)とは、上部の植物を穂木、下部の植物を台木と呼び、切断面で接着して、1つの個体とします。熱帯果樹の育種年限の短縮化や繁殖方法として、もっとも有力な方法です。
    芽を持った枝を穂木にして接ぐ接木ですが、穂木と接触する台木の面の切り方で3方法に分けられます。
    切接ぎは、台木上端から側面を切り下げてできた形成層断面の間に穂木を挿入する接ぎ方。
    腹接ぎは、台木途中から側面を切り下げてできた形成層断面の間に穂木を挿入する接ぎ方。
    割接ぎは、台木上端から中央を切り下げてできた形成層断面の間に穂木を挿入する接ぎ方。

    | ガーデン | 09:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    大忙しのガーデニング
    0
      1月から3月ごろまでが1年で一番忙しい季節です。
      雨が降れば、本を読み返し、手順の確認や、年間計画の策定やら唯一の頭脳労働が待っています。
      晴れれば、朝から夕方まで様々な作業が目白押しです。

      例年雨の多い1月ですが、今年は雨が少なく、ガーデニングでもうくたくたです。

      葉ガラ

      今日は、サトウキビの葉ガラを木の回りに敷き詰めました。
      サトウキビの葉ガラは、サトウキビを製糖する際、不要な葉の部分を圧縮して製糖工場が売り出します。

      葉ガラ

      葉ガラを木の回りに敷き詰めるのですが、この作業の前に、まず、木の回りの雑草を取り除き、牛糞堆肥を十分に施肥します。
      とにかく木の数が多いので、時間がかかります。

      葉ガラ

      今回は、1個250円の葉ガラのブロックを6個分、敷き詰めました。

      葉ガラ

      この葉ガラの効果として、雑草の発生を抑えます。太陽の光が無ければ雑草も育ちませんからね。
      夏の強い太陽による土壌の乾燥を押さえます。
      分解すれば、そのまま肥料となります。
      良いことづくめですね。

      手間がかかっても、この作業ははずせません。
      庭には、サトウキビの甘い香りが漂い、小さな幸せが満ちています。
      | ガーデン | 17:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      ソテツの苗
      0
        ソテツの種を植えて、4ケ月半。
        やっと芽が出てきました。

        ソテツ

        あの大きな図体からは信じられないくらいかわいい芽です。
        ひょろっともやしのようです。

        4ケ月半もの時間をかけて、いっせいに芽吹いてきました。不思議ですよね。どのようなメカニズムになっているのでしょうか?

        ソテツ

        少し経つと葉が広がります。

        さらに、数日後、椰子の子らしくその片鱗をのぞかせます。

        ソテツ

        根っこは、このようになっています。
        養分を種からとっているので、根が発達するのはこれからです。

        ソテツ

        南国ムード満点のソテツの苗です。

        ソテツ
        | ガーデン | 18:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        ピィパーズ
        0
          1月3日から天候が回復し、暖かい年明けとなりました。
          「こんな暖冬は経験したことがない」とは部落の長老の言です。これも地球温暖化の影響でしょうか?夏の台風が心配になります。
          雲の間から覗く太陽は、強烈な日差しです。屋外にいると1月とは思えません。
          ピィパーズ
          今日は、島胡椒 ピィパーズを3株植えました。皮膚がじりじりと焼けるようです。

          「ピィパーズ」は「ピパーツ」「ヒハツ」などと呼ばれ、学名は「ヒハツモドキ」でコショウ科南アジア原産のツル性木質植物です。
           
          ピィパーズは、インドネシアやマレーシアなど熱帯・亜熱帯地域に広く分布しており、石垣島でも古くから栽培され、石垣などに蔓(つる)を這わせています。
          ところが近年、民家の石垣にする珊瑚石がすくなるとともに価格が高騰し、コンクリートやブロック塀も目立つなるようになりました。それとともにピィパーズを栽培する家も少なくなりました。
          収穫は春と秋の2回。5cmほどの赤緑色の実を熱湯消毒したあとに乾燥させ、煎ったあとに粉末にし、香辛料とてそばや炒め物に島胡椒として使われます。
          ピィパーズ
          南国特有のむせるような香りは、ファンも多く、「ピィパーズを生かす会」が結成されたそうです。
          〜八重山毎日新聞より〜
           同会は八重山出身者による、八重山独自の香辛料・ピィパーズなどの栽培方法や調理法を研究しようというもの。今後、「ハノール」「ナバ」「アダニヌフク」「サルムシル」など八重山独自の食材を生かした調理方法の研究なども行っていく。
           「ピィパーズの香りは郷里の財産だ。その財産を守り、その香りを多くの人々にひろめていきたい」と会員の結束を強調した。

          ちなみに、「ピィパーズを生かす会」の生かすの言い回しですが、石垣島では、「燃やすごみ」と「燃やさないごみ」 と言い、主体性が全面に出る表現となっています。

          ピィパーズを使った調理は、無事収穫が終わった後に報告しますね。
          | ガーデン | 21:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          とり木
          0
            トロピカルガーデンでは、苗木作りで忙しい年末です。
            果樹の師匠は、お友達から紹介された石垣島の北部に住むIさんです。Iさんは87歳、とても元気です。初めて会った日に、ジャングル農園を案内していただきました。歩くのがすごく早く、ついて行くのがやっとです。こんなに元気な87歳のおじいさんだと最高ですよね。

            ジャングルの中に様々な果樹を植えているのでジャングル農園です。Iさんは、サイパン生まれ、サイパンからテニアン、満州で終戦を迎え、シベリア抑留と波乱万丈の人生です。話を聞いていると、あっという間に2〜3時間過ぎてしまいます。
            石垣島に住んでからは果樹一筋。果樹の生き字引です。ジャングル農園は、農薬も除草剤も使わない様々な果樹、まさに宝の山です。
            そんな植物の中でも、今回は、害虫に強く農薬を使わなくて済むレモン、マイヤーレモンのとり木を教えていただきました。

            レモン
            とても年季の入った手です。
            年月の星霜が手のしわに刻まれています。
            このように年をとりたいものです。

            当初要領が悪く、遅々としていましたが、やっているうちにだんだんと要領が分かってきます。Iさんのとり木の方法は、どんな本に載っていない独特のものです。詳細は公開できません。ご容赦下さい。

            ジャングル農園のマイヤーレモンは、ハワイから種を送ってもらい育てたそうです。海のミネラルと太陽の光で育まれたレモンは、皮も薄く、とてもジューシーです。

            今後、バンシロウ(ガバァ)のとり木を行います。生食用の島ガバァは、とても美味しい健康果樹です。石垣島の名も知られていないマイナーな果樹は、本当に美味しいものが多く、来年は、熱帯果樹の本格栽培をスタートさせます。
            | ガーデン | 20:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            苗作り
            0
              テリハボク(ヤラブ)の種をポットに植える作業が終わりました。
              目標は300本ですが、発芽率などを勘案し、350本の苗です。
              テリハボク

              月会費を徴収しに部落の世話役が立ち寄った際、膨大な苗を見て「園芸店でも出来そうですね」と一言。それくらいの量です。

              ちなみに、部落会の月会費は一所帯当たり1000円。
              「えー、高い」と思われる方も多いと思いますが、それだけ頻繁に行事があり、濃厚なコミュニケーションが図られます。

              テリハボク

              こちらは、フルーツパパイヤの苗、種から育てています。
              苗は、本来自分で作るものです。種から作っていると愛情も一塩です。

              テリハボクの種を採りすぎたので、ブログを読んでいただいている方に種を差し上げます。(苗ではありませんよ)お一人6〜7個程度。欲しい方は、返信用の封筒に住所、氏名を記入の上、90円切手(定形内50gの郵便料金)を貼ってティーダとトゥモールまで連絡下さい。「テリハボクの種」希望と明記してください。
              ティーダとトゥモールの住所は、HPを参照下さい。

              | ガーデン | 11:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              トロピカルガーデン
              0
                今日の石垣島
                本日、2007年4月29日、日曜日、ハーブティー・カフェ「ティーダとトゥモール」〜太陽と海〜をオープンします。

                今日の八重山の海は、紺碧の空を写してエメラルドブルーに輝いています。
                遠くに西表島がくっきりと見えます。

                八重山の様々な情報の場として「ティーダとトゥモール」を活用していただければ幸いです。

                また、トロピカルガーデンの日々の小さな出来事を綴っていきたいと考えています。

                時の流れが止まったようなヒーリングアイランド石垣島からトロピカルガーデン情報を発信していきますので、よろしくお願いします。
                | ガーデン | 09:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |