SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

石垣島レモン

「石垣島レモン」のオーチャードの森
突然の訪問客ーセマルハコガメ
0
    石垣島の人は、突然やってきます。
    前もって電話する人は、ほとんどいません。「いなかったらいないでいいさ」と達観しています。自然の中で暮らしているとそうなるのでしょうか。

    今日は、突然の訪問客がありました。
    ララと散歩の後、庭仕事が一段落した10時ごろ、庭で石ころが動いています。「おやっ」と思ったらセマルハコガメ君でした。
    早速、カメラを持って近づくとあわてて走り出します。
    普通、人の方に来ることはないのですが、何を思ったのか、このハコガメ君は私のほうに首を少し引っ込め気味に猛スピードで走ってきます。
    亀が走るはずは無いので、競歩でしょうか!
    セマルハコガメ

    背中の甲がドーム状に丸く盛り上がっています。 甲の色は褐色、中央部が赤みがかって少しとがっています。首の側面は、鮮やかな黄色で縁取られ、おまけにアイシャドウも黄色でキメテいます。とても愛くるしい顔が印象的ですよね。

    このセマルハコガメ、天然記念物に指定されています。もちろん飼育は不可です。
    石垣島のあちこちで見かけます。トロピカルガーデンにもしょっちゅうやってきます。今日のセマルハコガメ君は体長17cm位、かなり大きい方です。
    車で走っているときに出くわすと、かなり離れて停車し、ゆっくり横断するまで待つことにしています。
    色んな動物と共生する石垣島では、車のスピードはあまり出せません。

    石垣島の豊かな自然を物語るセマルハコガメ君です。
    | 隣人 | 18:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    マオちゃん
    0
      トロピカルガーデンの隣人を紹介します。
      与那国馬の「マオちゃん」です。

      与那国馬「マオちゃん」

      国境の島・与那国島は、昔は密貿易で栄え、今はドクターコトーの島として有名です。八重山諸島の中にあって、男性的な景観とダイビングでは、海底遺跡?あるいはハンマーなどの大物が出るので人気です。
      石垣島から127km、晴れた日にはその先に台湾が見えます。
      与那国島は沖縄・八重山諸島に多くある、エメラルドグリーンの海が広がる珊瑚礁の島とは明らかに異なり、島の海岸線は断崖絶壁。周囲は荒々しい海と強風が吹き、起伏に富んだダイナミックな島です。

      与那国馬は、日本に八種いる在来馬の中の一種で、体高は120センチ足らず、日本最小の馬です。400年程前に与那国島に連れてこられたそうですが、来歴ははっきりしていません。天敵もなく、孤島だったからこそ交配や品種改良もなく残った馬ですが、農耕など生活馬としての役割が減ってくると、その数は年々減っていきました。30年前には20頭を切る数にまでになりましたが、保存活動が実り、この30年で120頭にまでに回復しました。

      「マオちゃん」は、お隣の八重山民俗園が観光用に飼育しています。時々、すぐ近くに紐でつながれます。大きさのわりにはたてがみが長いのが特徴で、きれいに整えられています。温厚な性格と言われますが、調教されていないこともあって、時には噛むこともあると飼育担当者が言ってました。

      大きな目で見つめられると、胸がキュンとなり、頬ずりしたくなります。

      与那国島情報
      面積/28.84平方キロメートル
      周囲/28.6km
      人口/約2,000人
      アクセス/石垣島桟橋からフェリーで約4時間。
      | 隣人 | 10:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |