SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

石垣島レモン

「石垣島レモン」のオーチャードの森
越前おろしそば 講習会
0
    月2回の「越前おろしそば」を始めて半年余り、いろいろと細かいところが気になるようになりました。
    そんな中、講習会の連絡をいただき参加することにしました。
    場所は、青山のプラダのビルから少し中に入った福井県の物産館です。

    越前おろしそば

    青山は、ご存知の通り、瀟洒なビルが立ち並ぶ、セレブな街です。
    福井県おろしそば会場と小さな看板が出ていました。
    この奥の2階が会場です。

    子供たちの体験コースも用意していました。

    越前おろしそば

    こんなに夢中になれるなんて。
    子供たちの真剣な表情がいいですねえ。


    今の季節、青山は街路樹の紅葉がきれいで、うっとりします。
    神宮外苑の銀杏並木も、黄色の葉を広げ輝いていました。
    とても美しい季節です。東京も。

    越前おろしそば

    4月に「お蕎麦屋さん」を始め、お金をいただくようになって、
    もっとうまくなりたい。
    もっと完璧なものにしたい。
    との思いが強くなりました。

    越前おろしそば

    「そば講習会」は、目からうろこ、とても勉強になりました。
    知らず知らずのうちに我流になっていたようです。
    これまでの疑問が氷解、これで、かなり腕が上がったと思います。

    数年前、友人から無理やり誘われ、始めた「そば打ち」ですが、当初は、もちろん「お蕎麦屋さん」を始めるなどとは、まったく思いましませんでした。

    「そば打ち」は、水回し・捏ね・のし・切りの各工程で、かなりの技術を必要とするところが面白く、持ち前の徹底的にのめり込む性分とも相まって、それなりに習得に励みました。

    この時点では、友人に「そばを振舞えればいいなあ」位にしか考えていませんでした。

    ところが今年の2月、蕎麦打ちに誘われた友人から突然「急遽、石垣に行くので、そばのイベントを検討して」と連絡があり、八重山毎日新聞にイベントが掲載されたこともあって、大勢の人で混雑しました。

    イベントが終わった後、多くの方からそばを提供するよう説得され、腕もないのに「お蕎麦屋さん」を、楽天的かつお調子者の性格ゆえ、始めることとになりました。

    今回の講習で完成度はかなり上がったと思います。
    自画自賛かどうかは、チェックに来てくださいね。
    お待ちしています。

    講習が終わった夜、飲み会があり、席上、福井県から「越前おろしそば」認定の楯を贈られました。
    日本最南端の「越前おろしそば」のお店です。
    越前おろしそば
    福井県の職員の方から楯を贈られているところです。
    仲間から祝福?の拍手です。

    越前おろしそば

    楯に恥じぬよう、丁寧に打って行きたいと決意も新たです。
    | 越前おろしそば | 19:56 | - | - | - | - |
    おそば屋さん 繁盛記?? 2009年4月
    0
      毎月第1および第2日曜日に開催する「越前おろしそば」。
      本日は、第2回目です。
      毎回30食限定で、12時から売切れれば終了です。

      越前おろしそば

      1回目の4月5日は、10名の方に食べていただきました。
      2回目の今日は、26名の方に食していただきました。

      わざわざ、元名蔵まで足を運んでいただき、感謝しています。
      有難うございました。

      今日は、予約をいただいた方が16名でした。
      残りは、看板を見て来た方々です。
      看板は、いつもお願いしている「セブンデザイン」さん。
      本当にセンスの良い看板を、安価に作っていただけるので、助かっています。石垣島の看板屋さんは、レベルが高いです。

      越前おろしそば

      朝8時から、道具を出し、準備を始めます。
      実際に打ち出したのは、8時15分。打ち終わりは、10時45分。それから道具をしまい、茹でる準備を始めます。
      30食なので、3回打たなければなりません。

      通常、おそば屋さんで出る「そば」の量は、約110gなのですが、大食漢の多い、石垣島では、それでは、叛乱が起きますので140g程度としました。
      そのため、1回に打てる量は10食となり、3回が体力的にも限界となるわけです。

      おおむね、皆さんに満足いただいたのではないかなあと思っていますが、いかがだったでしょうか?

      どうしても12時から12時30分ぐらいに、お客さんが集中し、中には、待てないお客さんもいらっしゃいました。
      ゆっくり、おそばを召し上がっていただくために、時間をづらすなど周知を図って行きたいと思います。

      越前おろしそば

      南の島のおそば屋さん。
      スローライフに、また一つ張りができました。
      5月は、3日と10日に行います。
      | 越前おろしそば | 20:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      おそば屋さんを始めます
      0
        大反響の「越前おろしそば」イベントから1ケ月あまり。
        その後も、「おそばが食べたい」と言う方も多く、中には、「おそばを出すことは社会への貢献じゃないですか」、また「こんなに美味しいそばをなんで食べさせないのか!!」などと怒る人、さらに「義じゃないですか」(何が義なのかよくわかりませんが)と言う方もいて、とうとうおそば屋さんを始めることとにいたしました。

        定年後の趣味で始めたそば打ちですが、とうとう、本当のおそば屋さんになるなんて、人生って面白いですね。

        おそばを始めるに当たり、まず最初にしたのが、まな板。
        高温多湿の石垣島で、まな板が反って、よくそばが切れません。

        まな板

        写真の上下で反りが出ていました。
        家を建築する際お世話になった大工さんへ直行。家を建てたとき以来ですから、約2年半ぶりの再会です。石垣島でもNO1の呼び名が高いこの大工さん。カンナは木目に沿ってじゃないと剃れませんよね。上下の反りをどのようにするのでしょうか?興味津々です。

        まず、まな板のそりを確認し、大型の電気カンナでまな板の出っ張りを取ります。
        次に、何度も何度も手で凹凸を確認し、大型のサンダーを当てます。小刻みにサンダーを当て、反りを取ります。
        30分後、まな板は、完璧にまっ平らになりました。職人さんの技ですね。
        料金は、おいくらですかと尋ねると「いいよ。いいよ」と無料でした。
        このおおらかさが石垣島のよさです。決してせこせこはしていません。

        どうせ、おそば屋さんをやるなら、徹底的に美味しさにこだわります。
        こだわりの「越前おろしそば」
        ・福井県大野・勝山産の最高級蕎麦粉を使用
        ・東肥赤酒をじっくり煮込んだダシ
        ・そばの実をゆっくり石臼引した奥深い風味
        ・そばと大根とダシが織り成す無限の旨さ

        越前おろしそば

        手打ちのそばですので、1回打って10人前、3回で30人前が最大です。通常は、100gくらいをお店では出しているようですが、大食漢の多い石垣島では、130g+αとし、料金は一人前800円です。

        果樹栽培にハーブ栽培にと暇のないスローライフですのでせいぜい月に2回。第1日曜日と第2日曜日の12時から14時までです。

        おろしそば


        石垣島のおそば屋さん。
        今後、どのようになるのでしょうか!
        挽きたて、打ちたて、茹でたてのそばをどうぞ!!
        | 越前おろしそば | 21:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        越前おろし蕎麦の会 in 石垣島
        0
          先週、突然、東京にいる友人から、石垣島のチケットが安く手に入ったから、石垣島に行くぞと連絡がありました。
          ついては、石垣島で、「越前おろし蕎麦の会 in 石垣島」をやろうと提案してきたのです。東京にいるとき、仲間十数名で、青山にある福井県のアンテナショップの”そば道場”に行き、一応、蕎麦打ち修業証書は手にしています。

          石垣島は、「八重山そば」の文化で、そばと名前はついていますが小麦粉で作るものでうどんに近いイメージです。(もちろん、うどんとは違いますよ)したがって、「日本そば」は、それほどニーズが無いよと言いましたが、言い出したら聞かない友人です。押し切られるように「越前おろし蕎麦の会 in 石垣島」の企画がスタートしました。

          実は、石垣島に移住する前、腕に技を身に付けたいと思い、”陶芸教室””パン教室””キャンドル製作””そば道場”に通いました。
          この内、”陶芸教室”は、瞬時に才能が無いことがわかり断念。パンは、設備がいるのと、どうせやるなら”石窯”でと思って石垣島に来ましたら、とても暑く、それどころではないことがわかり、断念。キャンドルは、雪の降らない石垣島ではニーズが無く、開店休業状態。
          唯一残った”そば道場”は、時折、そばを打ち、友人に振舞うなどして交友の一翼を担ってきました。
          初めて”そば”を食べる石垣島の友人は、一様に「えーえ、これが蕎麦か!!」という表情をします。八重山では、それほど”蕎麦”は、なじみの無い食文化なのです。


          今回、東京から来島するのは、越前そば愛好会「蕎遊房(きょうゆうぼう)」の面々3名。しかもウイークデイの2月25日(水)に来て、27日には帰るというあわただしさです。
          25日夜と26日の昼と夜が”そばイベント”の日程です。

          越前おろし蕎麦の会 in 石垣島
          先輩3名の厳しい視線を受け、私の蕎麦の腕がチェックされます。


          東京からわざわざ3名も来るのに、お客さんが少なくてはと、友人・知人に連絡を急遽取り、何とか45名を確保しました。
          ご協力いただきました皆さんありがとうございました。

          それと並行して、偶然、八重山新聞社にその企画を話したら、大いに興味を持たれ、とんとん拍子に話が進み26日に以下の文章が紙面を飾ることになります。

          越前おろし蕎麦の会 in 石垣島

          25日の夜は、20名のお客さんが来られ、ゆっくりと”おろしそば”をご堪能いただき、中には、二八そばと十割そばを両方ご注文していただいた方や、持ち帰りをしていただいた方もいらっしゃったのですが・・・。

          26日、新聞に記事が載ってからは、午前中から電話が鳴りっぱなしで、11時半の開店が11時には駐車場が車であふれかえり、あっという間に満員になりました。厨房では、どんどん蕎麦を茹でる傍ら、蕎麦打ちを必死で行います。1回に打てる量は、12〜13名分が精一杯。瞬く間に完売となりました。
          1時間以上もお待ちいただいた方、完売のためお断りをした方、本当に申し訳ありませんでした。
          八重山には、”蕎麦”の食文化は無いと思い込んでいた大いなる誤算です。
          「済みませんでした」


          ティーダとトゥモールでは、今まで色んなフェアやイベントを開催しましたが、集客が難しく、常に静かなフェアになっていましたが、やはり新聞の威力はすさまじく、駐車場に車が入りきれなく時ならぬ交通状態に陥りました。猛反省です。

          蕎麦打ちの見学もすさまじく、押すな押すなの大盛況でした。
          お客さんを待たせるのが心苦しく、一生懸命蕎麦打ちに集中していたため、見学者の方にも十分なフォローも出来ませんでした。


          猛反省のイベントでしたが、運よく食べていただいた方からは、「美味しかった」のお言葉をいただき、胸の熱くなる思いです。
          ”おにぎり”の差し入れを持ってきていただいた方や、急遽、包丁を持って厨房に立っていただいた方、もちろん、東京から来た越前そば愛好会「蕎遊房」の友人にも大感謝です。
          皆さんの善意が身にしみたイベントです。

          越前おろし蕎麦の会 in 石垣島

          「お蕎麦が大好きなんだけど、身体が不自由で、急には行けない」とお電話で訴えられた方、大した腕ではありませんが必要とされているならば、なんとかしなくっちゃという思いが強く胸を打ったイベントでした。
          | 越前おろしそば | 14:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |