SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

石垣島レモン

「石垣島レモン」のオーチャードの森
<< 石垣マラソン 2010 | main | シカク豆 >>
センリョウの種
0
    冬のオーチャードフォレストを彩るセンリョウ。
    緑の森に赤のコントラスト。
    幻想的です。

    センリョウ

    情熱のレッドと安らぎのグリーン。
    とってもしっくりとマッチしています。

    センリョウ

    そのセンリョウも、もう季節が終わります。
    赤い粒が一つ、また一つと地面に落ちていきます。

    センリョウ

    センリョウは、一つの株から数本の茎が延び、その先端に花をつけます。
    形状から判断すると、増やすのは株分けが適していると思いがちですが、センリョウは移植を極端に嫌います。
    根を傷めるとほとんど移植は失敗します。

    センリョウの最も一般的な増やし方は挿し木だそうです。
    春先に挿し木を行うといいそうです。

    もう一つの増やし方が、種を取って播種することです。
    ザルいっぱいのセンリョウの種子。
    真紅の赤からオレンジっぽいものまで色も様々です。

    センリョウ

    種子の外側の果肉には発芽を抑制させる物質が含まれているので、水洗いして果肉を洗い流してから蒔くと発芽率がアップするそうです。

    数が多いので、一つひとつ種子をつぶし、種を取ります。
    根気の要る仕事です。

    センリョウ

    タネは、3月ごろに蒔きます。
    乾燥させないように濡れた紙で包み、ジプロックに入れ、冷蔵庫の野菜室で保管します。

    種を取って、播き、成長を見守る。
    花の場合は、サイクルが短いので、あっという間にワンサイクルが過ぎますが、果樹の場合は、種を取って、台木を作り、接木します。そして実が成るまで、5年〜7年くらい、一回失敗すると挽回まで時間がかかります。
    それだからこそ、事前にしっかりと考えることが肝要です。
    | | 16:32 | - | - | - | - |