SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

石垣島レモン

「石垣島レモン」のオーチャードの森
<< レモン開花 | main | 草生栽培 中間報告 >>
花もいろいろ、虫もいろいろ
0
    今年は、本当に暖かく、レモンの花ももう終わりです。



    例年ですと3月中旬に満開を迎えるのですが、今年は、落弁を迎えています。
    これは、こても困ることなのです。
    例年ですと、石垣島中の蜂の大群や蝶の群れが訪れ、せっせと受粉してくれるのですが、今年は、蝶々がまばらに働くだけです。
    そのため、受粉が十分ではありません。

    実りの秋を迎えられるかどうか、心配です!!



    今年、暖かった証左がもう一つ。
    いつもは心ときめかせる緋寒桜ですが、今年は開花しませんでした。
    緋寒桜は、寒さで開花のスイッチが入ります。
    沖縄では、緋寒桜の開花は、寒さに沿って南下する「桜前線南下」ですが、今年は寒さが足らず、すでに新葉が出ています。



    レモンの花には、やっと遅れて蜂が群がるようになったものの、時すでに遅しの感。
    自然の摂理には、かないませんからねぇ!!

    さて、こちらは、アボカドの花、
    アボカドには、ハエや小バエが群がっています。
    蜂や蝶々は、近づきません。



    さらにこちらは、ホワイトサポテの花。
    ホワイトサポテは、まず、花粉のあるモルツビーが咲き。
    咲き終わったころ、花粉のないスマザーズが咲きます。
    スマザーズに十分花粉が供給されるか心配しますが、やっと間に合うようになっています。
    この花に群がるのは、名も知らない小さな虫。



    色んな花にそれぞれの虫。
    虫にも好きずきがあるのですね。

    花粉にも雨で流れるタイプとそうではないタイプとがあり、樹木それぞれの個性を見極めての対応が重要となります。
    | トピックス | 16:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    トラックバック機能は終了しました。