SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

石垣島レモン

「石垣島レモン」のオーチャードの森
<< ツアー”熱帯果樹を楽しむ” | main | ツアー 熱帯果樹を楽しむ >>
珈琲 されど コーヒー
0
    コーヒー講座〜コーヒーで世界一周〜と言うのがあり、出かけてみました。
    6種類のコーヒーを飲みながら、プロのうんちくを聞きます。
    「なるほど」の連発。
    さすがに、奥が深いです。

    珈琲は、北回帰線と南回帰線の間のコーヒーベルトで栽培される熱帯植物。
    中でも、標高の高い日格差のあるところのコーヒーは、果実が大きくなったり、小さくなったりで、品質が良くなるという。
    テイストは、苦みと酸味のバランス、フレーバーなどで味の奥行がかわる。
    美味しいコーヒーは、冷めてもおいしい。
    など、目からうろこでした。

    また、焙煎も窯にもよりますが17分から20分の間で
    ミディアム  酸味9:苦み1
    ハイ
    シティ
    フルシティ
    フレンチ
    イタリアン  酸味1:苦味9
    とに分類されるほど、こまやかです。

    私が気に入ったのは、スマトラ島のマンデリン。
    パンチの利いた苦味と独特のフレーバーが秀逸です。

    石垣島の果樹園で、お気に入りの音楽聞きながら、マンデリンの甘い香りに酔いしれる・・・至福のひと時です。

    私にとって、もっともお気に入りのコーヒーを探す講座となりました。


    | トピックス | 17:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    トラックバック機能は終了しました。