SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

石垣島レモン

「石垣島レモン」のオーチャードの森
<< シーカヤック | main | コリアンダーのお茶 >>
夜釣り
0
    お友達の船に乗せていただいて、石垣島に来て初めての夜釣りを体験しました。
    18時30分、喫水の浅い小さなボートで、珊瑚の海へと漕ぎ出します。リーフから少し離れたところが、ポイントです。至る所がポイントです。程よきところで、アンカー(錨)を投げ込みます。根にかかったらそこで釣り始めます。たまたま行ったポイントが、砂地だったため、4回目くらいで、やっと錨が根にかかりました。大体、40〜50mくらいの水深だそうです。

    リール付の竿と手釣り?との選択があり、もちろん易しそうな手釣りを選択。友人の話によると釣れるのは、なぜか20〜21時の間だそうです。

    夕闇が迫ってまいりました。風が気持ちいいです。
    東シナ海に夕陽が落ちます。圧巻です。海に落ちる夕陽を見るのは、気持ちが落ち着きますよね。
    海の夕陽

    やがて当たりが来ます。「ぐぅ、ぐぅっぐぅっと」で当たりに合わせるのがコツだそうです。友人は早速30cmくらいの魚をゲット、「クチナギ」だそうです。私は、合わせるのが早いのか、えさを半分取られてばかり、そのうち妻が、なんとなくかかったみたいと30cmくらいの魚をゲット、「ミミジャー」だそうです。
    面白いように魚を釣り込む友人、あせる私。
    友人のように、これだけ釣れると、病み付きになるのもわかります。

    あっという間に時間が過ぎて、友人はかれこれ、10匹くらい、妻が1匹、私が坊主という結果でした。船を買う気が、少し失せてきました。

    やがて帰島の時間です。
    三日月の灯りでも、島がはっきりと分かります。人工の灯りはわずかです。航路の灯りもはっきりしないまま、友人は、船を走らせます。少し風が出て、波しぶきを受けます。風と波しぶきが気持ちいいです。やがて、緑の浮標が、見えてきます。
    星と緑の旋回する灯り、幻想的な光景です。

    友人から、魚をいただきました。
    家に帰って、魚をさばきます。翌日、煮付けにした新鮮な魚は、少し骨が多いもののたいへん美味しかったです。

    魚をどう釣るか、課題がまた増えました。
    | | 11:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    トラックバック機能は終了しました。