SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

石垣島レモン

「石垣島レモン」のオーチャードの森
<< 2年目のアテモヤ | main | チェリモヤの接木 >>
丸2年のアボカド
0
    アボカドも丸2年が経ちました。
    当初の目論見では、かなり大きくなっているはずなんですが、まだ樹高50cm程度とさほど大きくなりません。

    アボカド

    種の大きさや、芽の出方などから成長は早いものだと思い込んでいたんですが、期待はずれです。
    ですが、すぐ大きくなるのは、途中で倒れたりするので、最初はゆっくりの方がよいかもしれません。

    アボカド

    アボカドは、クスノキ科の常緑高木で、樹高30mにもなる大木です。
    クスノキの威容を思っていただけるといいんですが、そのままだと収穫に不便なので、横に這わせるように栽培します。
    比較的根が浅いため、強風にも弱いんです。

    アボカドにもいろんな種類のものがあります。
    オーチャードフォレストで栽培しているアボカドは、西インド諸島系の大果となるタイプで、メロンのような実をつけます。

    アボカドは、雌しべと雄しべの活動の時期からAタイプとBタイプに分かれ、混植が理想です。
    この西インド諸島系のものは、単独でも結果率が高いんです。

    味は、かなりあっさりしていて、とても美味しいんです。
    以前、インドネシアで飲んだアボカドのジュースは、最高でした。
    そのイメージが頭から抜けません。
    メキシコ産の長い間輸送されたアボカドの味とはまったく異なりますよ。

    本格的な果樹栽培に取り組んだ、最初の果樹がアボカドなので、かなりの思い入れがあります。
    肥料をたっぷりと与え、3年後(?)の収穫が楽しみです。
    | 樹木 | 17:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    トラックバック機能は終了しました。