SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

石垣島レモン

「石垣島レモン」のオーチャードの森
<< その後の 足底腱膜炎 | main | チェリモヤの地植え >>
越前おろしそば 講習会
0
    月2回の「越前おろしそば」を始めて半年余り、いろいろと細かいところが気になるようになりました。
    そんな中、講習会の連絡をいただき参加することにしました。
    場所は、青山のプラダのビルから少し中に入った福井県の物産館です。

    越前おろしそば

    青山は、ご存知の通り、瀟洒なビルが立ち並ぶ、セレブな街です。
    福井県おろしそば会場と小さな看板が出ていました。
    この奥の2階が会場です。

    子供たちの体験コースも用意していました。

    越前おろしそば

    こんなに夢中になれるなんて。
    子供たちの真剣な表情がいいですねえ。


    今の季節、青山は街路樹の紅葉がきれいで、うっとりします。
    神宮外苑の銀杏並木も、黄色の葉を広げ輝いていました。
    とても美しい季節です。東京も。

    越前おろしそば

    4月に「お蕎麦屋さん」を始め、お金をいただくようになって、
    もっとうまくなりたい。
    もっと完璧なものにしたい。
    との思いが強くなりました。

    越前おろしそば

    「そば講習会」は、目からうろこ、とても勉強になりました。
    知らず知らずのうちに我流になっていたようです。
    これまでの疑問が氷解、これで、かなり腕が上がったと思います。

    数年前、友人から無理やり誘われ、始めた「そば打ち」ですが、当初は、もちろん「お蕎麦屋さん」を始めるなどとは、まったく思いましませんでした。

    「そば打ち」は、水回し・捏ね・のし・切りの各工程で、かなりの技術を必要とするところが面白く、持ち前の徹底的にのめり込む性分とも相まって、それなりに習得に励みました。

    この時点では、友人に「そばを振舞えればいいなあ」位にしか考えていませんでした。

    ところが今年の2月、蕎麦打ちに誘われた友人から突然「急遽、石垣に行くので、そばのイベントを検討して」と連絡があり、八重山毎日新聞にイベントが掲載されたこともあって、大勢の人で混雑しました。

    イベントが終わった後、多くの方からそばを提供するよう説得され、腕もないのに「お蕎麦屋さん」を、楽天的かつお調子者の性格ゆえ、始めることとになりました。

    今回の講習で完成度はかなり上がったと思います。
    自画自賛かどうかは、チェックに来てくださいね。
    お待ちしています。

    講習が終わった夜、飲み会があり、席上、福井県から「越前おろしそば」認定の楯を贈られました。
    日本最南端の「越前おろしそば」のお店です。
    越前おろしそば
    福井県の職員の方から楯を贈られているところです。
    仲間から祝福?の拍手です。

    越前おろしそば

    楯に恥じぬよう、丁寧に打って行きたいと決意も新たです。
    | 越前おろしそば | 19:56 | - | - | - | - |