SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

石垣島レモン

「石垣島レモン」のオーチャードの森
桜前線 南下ス
0
    昨日の最高気温は26度、最低気温も20度を越え、暖かい一日となりました。冬の間は、体を寄せるようにベッドにもぐりこんでくるララも、昨日は、フローリングの床ですやすやと寝ていました。

    この陽気に、やっとヒカンザクラがひとつ、花を咲かせました。
    このヒカンザクラ、昨年の緑化木即売会で、13人の希望者を尻目に抽選でゲットしたものです。度重なる大型台風にもめげず、やっと咲いてくれました。

    ヒカンザクラ
    ヒカンザクラ(緋寒桜)は、シャイなのか俯き加減に咲きます。花弁や萼(ガク)も緋色をしていて、内地でよく見かけるソメイヨシノとは、随分と風情が異なりますよね。

    ヒカンザクラ(緋寒桜)は、別名をカンヒザクラ(寒緋桜)とも言います。まだ寒い早春に、新らしい葉より先に、緋色または濃桃色の小花を、枝一杯に咲かせる落葉小高木です。1月に入ると沖縄本島(沖縄県名護の開花の平年値は1月2日)から開花が始まって徐々に八重山諸島(与那国島の開花の平年値は1月31日)まで南下します。

    沖縄の桜(ヒカンザクラ)前線は南下するのを知っていました?
    ヒカンザクラが開花するためには花の芽をつくる寒さが必要となり、この寒さの後に平均気温が10度以上になると開花するとされています。
    つまり、沖縄では開花に必要な寒さをもたらす冬の寒波の南下につれて桜は沖縄本島の北から開花となり、八重山諸島 与那国島へと桜前線が向かうんです。自然ってすごい!!

    ちなみに本州の桜は、平均気温が10度になるのを待って開花となるため、桜前線はどんどん北上していくということになります。また全国の9割の観測地点ではソメイヨシノの開花を観測していますが、北海道ではエゾヤマザクラ、根室ではチシマザクラの開花を観測しているとのことです。
    ヒカンザクラ

    春の訪れの代表のように思われる桜前線、実は沖縄の北部 名護では開花が1月2日、根室では5月20日。南北に長く続く桜前線。日本の春はもうすぐです。
    | 樹木 | 09:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    アボカドの接木
    0
      昨年、9月中旬大きな実から種を取り出し、ポットに植えたアボカド、大きな台木となったので、接木をしました。
      アボカド

      まず、発芽率を向上させために、種を実から取り出してすぐポットに植えます。10個の内8個は、1ケ月もしないうちに発芽し、どんどん大きくなりました。このとき、日陰に置くと節間が広がりひょろ長い苗となり、太陽を十分に当てると太い苗となります。
      発芽しなかった2個については、やっと今年になって発芽してきた状況なので、発芽をスムースに行なうには、よく種皮を剥ぎ取り、種の頭部と底部を少し切り取るとよいそうです。
      アボカド
      台木が大きくなったら、穂木を用意します。
      穂木は、充実した2芽(葉芽)を残して上下を切り、下の部分を3cm位くさび状に削ります。
      アボカド
      次に、台木を地上部10〜15cm位で切り、(なるべく穂木の太さと併せた方が活着率が高くなるそうです)真ん中をまっすぐ下のほうに剃刀で割ります。
      アボカド
      この切込みに形成層が合わさるように穂木を挿入し、接木テープで止めます。上部の穂木は乾燥しないようにパラフィンフィルムで覆います。
      アボカド
      文章で書くと簡単そうですが、実際にやってみると難しいです。

      アボカド
      こうやって出来た接木苗は、3日間くらいは水をやらず、その後も水は少なめに育てます。
      接木した苗木は、1〜2週間で発芽するはずですが、今年の石垣島は天候が悪く、2週間経ってもまだ発芽しません。(形成層がうまく合わなければ失敗です) 発芽から2ケ月ほどで、新梢の葉が濃い緑色になったら地植えします。多分5月ころになるはずです。そして、今年の秋くらいには、木の成長を妨げる接木テープをはずします。
      アボカド

      水はけ、潅水、強風対策など手間をかけて、3年後大きなアボカドが一つか二つ、10年後くらいから本格的に収穫できます。
      西インド諸島系のアボカドは、みずみずしい美味しさで800gくらいの大きさになります。日本で流通しているメキシコ産のアボカドと比較すると似て非なるものです。
      熱帯果樹の栽培は、ロングスパンで考えなければなりません。熱帯果樹の女王と言われるマンゴスティンは、開花結実まで8〜15年。その後50年〜100年に亘って収穫できるそうです。

      10年単位で物事を考えないと熱帯果樹と向き合えません。
      人生観が変わる熱帯果樹栽培です。サラリーマン時代には考えられなかった変化です。
      | 樹木 | 10:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      緑化木即売会(イッペイ)
      0
        2月2日石垣市が主催する緑化木即売会がありました。
        緑化木即売会とは、内地で言えば植木市のようなものです。
        年1回の即売会は、大勢の人でにぎわいます。石垣島の人は、本当に花や木が大好きです。これだけ自然に恵まれているのだから、そんなに手間隙かけなくてもと思いますが、忙しい仕事の合間を縫ってガーデニングに余念がありません。園芸店も狭い島の割には非常に多く、色んな花や樹木で溢れています。値段もそんなに安くはなく、台風でやられることを考えると割高感がぬぐえません。

        そのため、トロピカルガーデンでは、種から育てる実生、とり木、挿し木、接木などによる育苗を行なっています。ついつい作りすぎてしまい、大量の苗を前に”どうしよう”と考え込んでしまうことも度々です。

        植木市を市が主催するのも若干違和感がある人もいらっしゃると思います。石垣市では、島全体の緑化を進める観点から自前の苗畑で育苗に励んでいます。市価の半額くらいで買えるので、助かりますが、その分税金も使われていると考えると複雑な気持ちです。

        今回、販売されるのは、クロキ(リュウキュウコクタン)、ツツジ、イッペイ、オオバナサルスベリ、ストロベリーグァバ、ヒカンザクラなどです。
        イッペイ

        昨年大量に仕入れたので、今回は厳選しました。樹高4mくらいの形のよいイッペイと木肌の美しいストロベリーグァバを買うことにしました。
        人気の樹木は、申し出た人による抽選となります。樹高4mくらいのイッペイには、3人が申し込み。3人で割り箸を引きます。先端が赤く塗られたものを引くと当選です。ワクワクしながら見事引き当てました。昨年は13人が申し仕込んだヒカンザクラを引き当てました。たかが、樹木の抽選ですが、抽選に当たると”やった!!”という気持ちになります。樹木の抽選にはついているようです。宝くじもこの調子で当てたいものです。

        イッペイは、のうぜんかずら科の南米原産の落葉高木でブラジルの国樹です。沖縄には1970年代に移入され、広く植栽されるようになりました。桜のように葉の出る前の2月ごろトランペット状の黄色、白、淡紅紫の花をたくさん付けます。
        高木で原産地のブラジルでは18mにもなるそうですが、台風銀座の石垣島では5〜6m位でしょう。

        緑化木即売会は、1時間もするとほとんどの樹木が売れ、それぞれ車で運んで終了。昨年は後先も考えず、大きい樹木を買ったので植え付けに難儀しました。今年は、自力で持てる最大限のものに絞りました。少しづつ学習しています。
        早速庭に植えました。台風対策をしっかりとやって、来年たくさんの花を咲かせたいと思います。
        | 樹木 | 09:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        テリハボクの地植え
        0
          テリハボク(ヤラブ)の苗が順調に育っています。
          成長の早いものは15cmに伸びています。
          テリハボク

          トロピカルガーデンでは、防風林用に約300くらいの苗を作っています。少し作りすぎのような気もします。年々台風が大型化するので、しっかりとした防風林が必要不可欠です。欲しい方がいらっしゃったら連絡下さい。

          この苗を大きいものから順に雨の間隙を縫って地植えします。30cmくらいの間隔でかなり密に植え込んでいます。
          テリハボク

          これがテリハボクの苗木です。下から根が張り出し元気いっぱいです。
          11月の上旬に植えたので、発芽まで2カ月掛かっています。ちなみに、殻をむかずにポットに入れたものはまだ発芽していません。
          先の尖った部分から発芽するものと思い込んでいましたが、反対の方から芽が出ていますので、種を横向きに植えたほうがいいようです。
          テリハボク

          テリハボクの木目は美しく、熱帯の樹木の中でも群を抜いています。
          家具や茶碗などの材としては最適です。
          成長して防風林の役目を果たすには5年はかかります。気の長い話です。それまでの台風対策をどうするか?頭の痛いことです。
          | 樹木 | 09:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          ゴールデンガジュマル
          0
            1月だと言うのに、気温はぐんぐん上がって、本日は26度。
            日陰は涼しいですが、直射日光は過激に肌を焼き、屋外は夏です。
            異常気象が続いています。

            雲が太陽をさえぎるとガーデニングの開始です。
            台風に備え、防風林を一から見直しします。
            トロピカルガーデンの北側は、ゲッキツ。東はクロキ。南は、ハイビスカス。そして、西側は生垣としてゴールデンガジュマルを植えています。
            ゴールデンガジュマル

            台風対策として、西を除く外周に添ってテリハボク(ヤラブ)を植えるため、種から苗木を作っています。発芽状態もよく、3月には地植えが出来そうです。
            西側にも防風林を作りたいのですが、そうすると海が見えなくなるので痛し痒しです。台風の時は防風ネットを張って頑張ろうと思います。

            そこで生垣として、背丈の低いゴールデンガジュマルを植えています。
            このガジュマルを挿し木でさらに増やし密生させる計画です。台風の時は、雨も多量に降るため、土を流さない土留めの必要があります。
            ゴールデンガジュマル

            ガジュマル(学名:Ficus microcarpa、漢名:榕樹)は熱帯地方に分布するクワ科の常緑高木です。自然に生えているガジュマルは、とても大きくなり20m以上に生長することもあります。気根という丸くて太い根を張り、それらが絡み合って異様な形になります。ガジュマルの根は、コンクリートを破壊するほどの力を持っているので、植える場所を考える必要があります。

            小さいガジュマルは、妖精のような形をしているものもあり、幸福をもたらす精霊が宿っている木とも言われています。その異様な姿形が、精霊(人)のようにも見え、真っ赤な髪で子どもの姿をしたキジムナーという精霊が棲むといわれています。ちなみに、「ガジュマル」とは沖縄地方の呼び名です。
            ゴールデンガジュマル

            世界にはガジュマル類が800種ほどあるそうです。「ニンジン(人参)ガジュマル」「センカクガジュマル」「ゴールデンリーフ」「アコウ」「ベンジャミンゴム」「インドゴムノキ」「イチジク」などです。

            石垣島では、「ゴールデンリーフ」のことをゴールデンガジュマルと呼び、生垣にしているところも多く、また小さいガジュマルを「芋ガジュマル」と呼び、鉢にして楽しんでいます。

            このガジュマル、根がものすごく太く、強い生命力を持っています。枝や葉から大量の樹液が出てきます。この樹液、特にかぶれることなどはないようですが、樹液が、水分の吸収を妨げるので、よく拭き取って挿し木にするほうがいいようです。
            | 樹木 | 22:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            テリハボクの苗木
            0
              第2トロピカルガーデンの場所を探していますが、帯に短し襷に長し、なかなか適切な場所が見つけられません。
              とりあえず、準備は周到に、備えあれば憂いなし。先ず防風林の苗木作りです。

              防風林も様々あって、決定打はありません。
              先人は、フクギを防風林としていましたが、成長が遅く実が落ちると強烈な梅干の腐ったような匂いがするので、近年敬遠されてきました。
              *梅干は多分腐らないと思うので、それほど強烈な匂いという比喩です
              オオギバショウは、成長も早く3年で防風林になるので数多く使われてきましたが、枯れた葉の処理と茎の部分に水がたまり蚊の大発生となるので、最近では用いられなくなっています。
              そのほか、クロトン、原種のハイビスカス、アデカヤシ、また変わったところでアセロラもありました。
              石垣島の住人は、それぞれ工夫して台風と向き合っています。

              テリハボク
              フクギに代わるものとして、テリハボクを防風林にすることにしました。

              テリハボクは、石垣島ではヤラブと呼ばれ、街路樹などに利用されています。「照る葉」という意で、つややかな厚い葉をいっぱいに茂らせ、20mほどにもなる常緑大木です。
              テリハボク
              昔、八重山では女子が生まれたら畑の隅や家の周りに植え、木目が美しいことから箪笥に利用されたそうです。
              フクギほどではないにしろ、それだけ成長が遅いともいえます。
              夏に黄色いおしべが鮮やかな白い花が連なって咲きます。
              テリハボク
              種はピンポン玉強の大きさで、皮をはぐとかなり厚めの油の層があり、硬い殻を割って中身を取り出します。こうすると発芽率が良くなります。
              種子は水に浮き、海流に乗って繁殖したそうです。昔は種を加工して食べてたそうですが、定かではありません。種子からとった油は、薬用あるいは灯りに利用したそうです。

              テリハボク
              それをポットに入れ、苗を作ります。
              とりあえず、目標は300個。かなりの量です。
              夏が過ぎ、少し忙しくなった石垣島ガーデンライフです。
              | 樹木 | 18:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              アボカド 芽吹き
              0
                アボカドの大きな種をポットに入れて約1ケ月、やっと芽が出てきました。
                未来の大木を予想させる勢いのある芽です。
                アボカド

                現在、11鉢中6鉢の芽が出ています。
                台風のときは家の中で保管した大切な台木です。
                このあと、来年の1〜2月に穂木を接木します。種から育てる(実生)では、大きくなるのに時間が掛かるのと、実がつかないので、熱帯果樹を増やすには、接木またはとり木を行います。
                そして来年の4月頃、庭に移植します。

                フルーツパパイヤ

                こちらは、フルーツパパイヤの実生です。パパイヤの発芽率はきわめて高く、ポットに移す選択に苦労するほどです。
                このパパイヤ、オスは捨て、メスと両性の苗だけある程度の大きさで庭に移します。パパイヤの白く細い根は、根腐れに弱くある程度の大きさまで順調に育ちますが、実がなるほど大きくするのは難しいです。台風対策も兼ねて大きくするには、水はけの良い土と特別のノウハウが必要です。

                ところで、このフルーツパパイヤのポット、ひとつだけ枯れかかっている苗がありました。不思議に思い、苗を引っこ抜くと、なかからおおきな蛙が出てきました。
                びっくりー。
                箸で丁重につまんでご退場いただきました。

                蛙といえば、ある時、睡蓮の鉢に大きな蛙が鎮座していました。ヤエヤマアオガエルは、緑色のきれいな色とかわいい泣き声で珍重されていますが、今回睡蓮鉢の中に居たのは、サキシマヌマガエル、大型のグロテスクな蛙です。

                様々な動植物が訪れるトロピカルガーデンです。
                | 樹木 | 09:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                栴檀(センダン)
                0
                  ニーミシ(新北風)が吹いて朝夕はすっかり寒くなった石垣島です。

                  台風の去った後、新たな芽を息吹かせる木々を見るとほっとするものの、だんだんと葉が少なっていく樹木を見るとこのまま枯れるのではないかと心配です。
                  葉っぱが全部なくなった樹木も多く、殺風景なガーデンになってしまいました。
                  その中で、一番元気なのが栴檀(センダン)です。

                  今年の台風12号と15号は、どちらも東からの強風でした。
                  栴檀は、先ず、東側の大振りの枝を折って他の枝を守り(もちろん自ら折ったわけではありませんよ)、その後、小枝を限りなく散らし、葉っぱをもちろん全部飛ばし、本体を守ったのです。

                  栴檀
                  写真手前、枝を折った後が痛々しいです。

                  その後、つややかな新芽を旺盛に出して、元気いっぱいです。新芽の出方は驚異的です。
                  よく、栴檀は台風に弱いと言いますが、本当に弱いのでしょうか?
                  強風に柔軟に対応しているように思えます。

                  栴檀は、大きな緑陰を作り、夏の厚い日差しをさえぎる頼もしい友です。
                  台風にも負けない、したたかさを秘めた栴檀、すばらしいですよね。
                  | 樹木 | 22:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  アボカド−2
                  0
                    いよいよ、熱帯果樹の本格的な栽培を始めます。
                    ハーブ以外にどのような樹木を植えたらいいか、ずっと考えていました。
                    亜熱帯の石垣島にふさわしい熱帯果樹を、しかも強烈な太陽の恵みと海のミネラルをたっぷりと享受できる路地栽培にこだわって栽培したいと思います。
                    それでたどり着いたのが、アボカドです。

                    アボカドは「森のバター」と呼ばれ、多くのミネラルを含み世界一栄養価の高い果樹です。しかもアボカドに含まれる脂質のほとんどがコレステロールを溶かしてくれる善玉脂質なのです。
                    アボカドの日本での輸入量は、うなぎ登りですが、輸入物は、適切な収穫時期であるかどうか、低温輸送における品質の保持などが課題となっており、日本での栽培が期待されています。

                    アボカドは寒さに弱く、台風などの風にも弱いため、日本での栽培は限られています。台風銀座の石垣島での栽培は、けっして易しくはありません。
                    石垣島で台風と戦い、一つ一つ課題を解決して行きたいと思います。また、アボカドの苗を販売しているところはないため、基本の苗作りから始めるのも楽しみです。
                    「楽しみながらゆっくりと」石垣島に移住してずいぶん気が長くなったと自分でも思います。
                    アボカド
                    石垣島の川平でアボカドを栽培されているNさんの農園におじゃましました。日本では数少ないアボカドを栽培されている人です。
                    Nさんは、豪放磊落な方で、30年余り熱帯果樹栽培に取り組まれ、農園には世界中から様々な果樹が所狭しと茂っていました。Nさんの農園で植物に囲まれ、季節の果物を手で捥いで食すると本当の豊かさを実感できます、
                    この農園のアボカドは、普通サイズで500gと輸入ものに比べてかなりの大振り、味は上品で淡白、とても美味しいまろやかな味です。輸入もののいわゆるねっとり感はありません。

                    アボカド
                    栽培は、かなり根気が要ります。
                    Nさんは「好きでないとできないよ」といっていますが、まさしくその通りです。
                    まず、収穫したアボカドから種を取り出し、ポットで育てます。それを台木として、来年の1月、穂木を接木し、4月頃地植えします。
                    接木は熱帯果樹の栽培として有効な手段です。実から育てる実生は、大きくするのに時間がかかるのと実が少ないので不適切です。

                    地植えして3年後に初めて1〜2個のアボカドが実ります。5年後に10個、10年後に50個、順調に育って30年後に100個のアボカドが収穫できます。
                    大きくするのも高くするのではなく、台風銀座の石垣島では、樹木を引き倒し台風に強い低樹木とします。
                    Nさん「木は必ず言うことを聞いてくれる。愛情が大切」と果樹のエキスパートです。ものすごいノウハウをお持ちです。

                    アボカド
                    この10個のアボカドを育て、たわわに実るアボカドを見るには、あと30年。生きる目標ができました。流石に30年というと「30年はあっという間だよ」と言う人も無く、かなり気の長い話です。
                    | 樹木 | 12:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    バナナ
                    0
                      石垣島の夕陽

                      東シナ海に沈む夕陽です。太陽の位置が日々、南よりに変わります。これほど沈む位置が変わるとは・・・。
                      青空に毎日描かれる水蒸気の芸術ー雲、見飽きることはありません。ビールを片手にゆっくりしていると誰か彼かやってきて飲み会となります。アルコールの消費は石垣島に来て確実に増えました。

                      道端のバナナ

                      石垣島の路傍をよく見ると野生のバナナやパパイヤが元気に枝を伸ばしています。ある程度大きくなったら収穫しようと思うのですが、その前に必ずといっていいくらい無くなります。誰かが採っているのでしょうか?野生のパパイヤは原種なので、甘さはありません。小ぶりです。肉と一緒に炒めると肉が柔らかくなるのとパパイヤのさくさくとした歯ごたえがよくマッチしまして美味です。
                      バナナ
                      これは、ララと散歩の途中見つけた野生のバナナです。
                      赤い花の根元に小さなバナナが見えます。ある程度大きくなったら食べて見たいと狙っています。

                      バナナは、バショウ科バショウ属の総称です。原産は熱帯アジア、マレーシアなど。バナナの木とよくいいますが、実はバナナは樹木ではなく多年草に分類される草です。木の幹のように見えるのは茎でもなく、葉が幾重にも重なったもの(偽茎)で、茎は地面の中を這っています。

                      バナナの葉が下から40枚ほど出ると、葉の中心からペリカンのくちばしのような苞が顔を出します。写真の赤い部分です。苞が出る直前に出る葉は幅が狭く「止め葉」といって、これが出ると花が咲く合図になります。
                      この赤い部分は「バナナハート」と呼ばれるバナナの苞で中にたくさんの花が隠れています。苞が1枚めくれあがるたびに1段の花が咲き、1房のバナナへと成長します。
                      ひとつひとつの花の先からあま〜い蜜が垂れ、花の下の地面にはアリが群がっています。

                      夏のバナナの生長は早くて、花の軸が下へ下へと伸びながら開き、1週間で2〜3段の実ができていきます。バナナは花が咲いてから熟して落ちるちょっと前までの長い間、高い葉の間から緑色のままぶらさがっているんです。

                      トロピカルガーデンには、お友達からいただいたバナナが計7本。いわゆるバナナ(バナナの種類は多い)、島バナナ、三尺バナナの3種類を植えています。

                      バナナ
                      こちらは地下茎から出た新しい株です。このように地下茎によってバナナは増えていきます。
                      そうするとなぜ道の傍らにバナナが生えているのか?誰かが植えたのでしょうか?気になりますよね。
                      バナナ

                      バナナは、虫がつきやすく、害虫の駆除に気をつけなければなりません。スミチオンの粒剤などを周りに散布しておくといいそうです。
                      | 樹木 | 11:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |